なかまる動物病院

ナカマルドウブツビョウイン

Googleマップで開く

住所

〒 245-0003 神奈川県横浜市泉区岡津町23

アクセス

【電車】JR横須賀線、東海道線、地下鉄ブルーライン「戸塚」駅東口下車。東口6番バス乗り場より「下岡津」下車(バスの行き先はいずれも可)。
・相鉄線「弥生台」駅下車。戸塚駅行きのバスに乗り「下岡津」下車。
【車】中田さちが丘線沿い、くるまやラーメンの正面。

診療動物

診療スケジュール

時間
09:00〜12:00
16:00〜19:00

*正確な診療時間は動物病院のホームページ等でご確認ください。

編集部コメント

「動物に優しい医療」を常に追求されています。スタッフの皆さんの言葉遣いが非常に丁寧で、飼い主様に安心感を与えてくれる印象です。院内はガラス張りで清潔感があり、気軽に立ち寄れる雰囲気の動物病院です。
ペットが亡くなった後飼い主様のもとへご挨拶に行かれる等、スタッフの心遣いには定評があり、多くの飼い主様からお手紙を受け取っているとのことです。

*病院情報に誤りを発見された場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。

特徴

患者さま主義

些細なことでも、飼い主様が気軽に来院して相談できる環境づくりを心がけています。その上で、大切な家族が今どのような状態なのか、飼い主様はどのように考えていらっしゃるのかを把握し、どのようにしてより良い状態に持っていけるかを考えて診療しています。また、様々な症例にお応えできるよう、当院の獣医師は各科の情報・知識を常にアップデートしており、全員が様々なジャンルを診ることができます。

動物に優しい医療

当院のモットーは「動物に優しい医療」。言葉の話せないペットの代わりに飼い主様との会話を重視し、可能な限りペットに負担のかからない医療を提供いたします。またペットがいつまでも健康でいられるよう、CTや内視鏡を用いた検査・治療により、病気の初期段階での発見・完治を心がけています。その他、椎間板ヘルニアの手術や、減感作療法、再生医療にも取り組んでいます。手術が必要な場合には、手術前後の痛みを極力減らすことにも注力しています。

チーム医療

全科診療の総合医として当院を運営している中で、どうしても当院では対応できない高度医療や専門分野に対しては、DVMsどうぶつ医療センター横浜をはじめ、大学病院など様々な医療施設との連携し、治療の選択肢を可能な限り多くご提供できるよう心がけております。

予防医療への取り組み

当院では様々な予防医療に取り組んでおりますが、中でも予防歯科には注力しております。小型犬に多い歯のトラブルは毎日の歯磨きで未然に防ぐことができます。成犬になってから歯磨きを始めようとすると、犬は嫌がってしまうので、幼少期から歯磨きに慣れさせることが重要です。当院では2週間に一度、パピーパーティを開催しており、しつけから歯磨きの仕方などもレクチャーしております。
ペットをきちんとしつけ、社会化させることは飼い主様の重要な役割です。自己流で飼い始めてしまうと、ペットが社会化されず、最終的には飼い主様自身が困ってしまうことも少なくありません。しつけは月齢2~4ヶ月以内の子犬の時期に行うことが非常に重要です。一方で予防接種の時期が重なると、接種後2~4ヶ月は外出禁止と一般的に言われますが、社会化が遅れてしまうことが懸念されるため、獣医師と相談のもと外出するのがベストと言えます。当院では予防接種としつけとをうまく両立できるよう、飼い主様のサポートをしております。

動物の体にやさしい医療の提供

基本的には全科診療の総合医療を提供しております。なるべく傷を小さくするために、内視鏡を用いた膀胱結石や避妊手術の症例なども多く扱っておりますが、その他にも免疫療法や細胞培養などの予防医療にも取り組んでおります。アレルギー性疾患の唯一の原因療法である減感作療法も取り入れており、これによってアレルギーに強い身体作りが可能になります。また、免疫療法も行なっております。これは動物自身の血液を用い、2週間かけてリンパ球を培養し、のちにその血液を再度体内に戻すもので、抗ガン剤治療よりも身体に優しいのが特徴です。