ミズノ動物クリニック

ミズノドウブツクリニック

Googleマップで開く

住所

〒 270-1342 千葉県印西市高花2-1-10

アクセス

【電車】「千葉ニュータウン中央」駅下車後、タクシー約10分

診療動物

診療スケジュール

時間
09:00-12:00
16:00-20:00

*正確な診療時間は動物病院のホームページ等でご確認ください。

編集部コメント

スタッフ同士のコミュニケーション、写真を切り貼りして作られたトリミングブック、同じタイミングでいらっしゃっていたメーカーの営業マンへの対応の仕方。病院にいたのは短い時間でしたが、多くのところから温もりが感じられました。
また、副院長の須郷先生は日々の業務で忙しいながらも「任せられている範囲が広いので責任感と充実感がある。病院全体をよりよくするために邁進していきたい」とお話されており、その時の明るい笑顔が印象的でした。

*病院情報に誤りを発見された場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。

特徴

アットホームな病院

獣医師はもちろん、看護師や受付スタッフにいたるまで、スタッフ全員が飼い主様の気持ちに寄り添い、皆様から愛される病院を目指しています。病院の壁には、スタッフ手書きの病気の説明資料やトリミングブック等をご用意しており、アットホームで気軽に何でも相談できる空気作りに取り組んでいます。飼い主様のお気持ちを汲み取り、思いやりのある丁寧な対応を常に心掛けています。

広く、深い治療領域

地域に根ざす病院として多様な動物を診察すると同時に、専門医療を提供しています。ウサギやフェレット、ハムスター、鳥などの、犬・猫以外のエキゾチック動物にも対応しています。獣医師をはじめ、看護師もセミナーに参加し、飼い主様にご満足いただけるサービスを目指しています。地域の病院とは言え、各領域に強い獣医師が在籍しているほか、再生医療やペットの身体に負担の少ない腹腔鏡手術と呼ばれる先端医療等も提供しています。

強みは“人”

突き詰めると、病院というのは「人」が最も大事だと考えています。飼い主様へいかに快適な環境を提供できるか、レベルの高い医療サービスを提供できるか。これらは全て「人」にかかっています。だからこそ、当院ではスタッフの成長の環境づくりに力をいれています。スタッフ全員が毎月1つ、お客様とのお約束である「クレド」から重点的に取り組むテーマを設定し、「自分のテーマ」として具体的な課題に置き換えて取り組んでいるほか、スタッフ同士が評価をして人間的な成長を追求し続けています。
スタッフ一人一人が成長を実感し、責任と自信を持つことが飼い主様への信頼できるサービス提供に繋がると信じています。
 

理念

当院は、皆様のかけがえのない大切なパートナー(ペット)の命をお守りするだけでなく、飼い主様への心のこもった診療を提供することを使命としています。ホスピタリティーとコミュニケーションにより、飼い主様に居心地の良い病院であることを心がけている一方、スタッフにとっても、働きやすく明るい環境を整えることで、スタッフが誇りと喜びの持てる病院にしたいと思っています。院長の水野は元々製薬会社に勤務していたのですが、昔からの夢だった獣医師になるべく26歳の時に予備校に入り、猛勉強の結果獣医師になった経験があります。獣医師の経験だけではないからこそ、飼い主様へは医療だけでなく、心の通ったサービスが大事だと考えています。また、当院全スタッフとメーカーさんとで一緒に研修を実施したりなど、当院に関わる全ての方と一緒にチーム医療を提供しています。医療やサービスというのはゴールがありませんが、少しでも飼い主様やペットの力になるべく、努力していきます。

 

当院の方針

当院では最新の医療を提供できるよう、スタッフの知識・医療レベルアップを目的とした講習を定期的に行っています。うさぎやフェレット、ハムスター、鳥といった、犬猫以外の動物(エキゾチックアニマルと呼びます)も診ているのですが、その症例数は犬猫と比べると少なく、診察の難易度が高いのが現状です。そこで当院ではエキゾチックアニマルの医療に有名な先生を外部からお招きし、定期的に学ぶ機会を設けています。また、骨折などの整形外科に関しても同様に、外部から専門医をお呼びし技術レベル向上を図っています。