アシュア動物病院

アシュアドウブツビョウイン

Googleマップで開く

住所

〒 344-0061 埼玉県春日部市粕壁1-4-36

アクセス

春日部駅東口から徒歩5分

診療動物

診療スケジュール

時間
09:00〜12:00
15:30〜19:00
14:30〜17:00

*正確な診療時間は動物病院のホームページ等でご確認ください。

編集部コメント

院長含むスタッフ全員が非常に元気でハキハキとわかりやすく、物事をお話される印象を持ちました。会話重視をスタッフ全員が心がけていらっしゃるんだと感じます。院長の山下先生と会話をしていく中で、今後は予約制の診断が主流になると、ペット業界の傾向など考え、たどり着いたスタイルだというところも非常に共感できました。

*病院情報に誤りを発見された場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。

特徴

予約制診察

当院は予約制の診察を行なっております。どのような症状であっても一定の時間をかけてじっくり診察することを徹底しております。そうすることで病気の完治の確認や、別の病気への感染や合併症防止に繋げています。予約制を導入して以降、飼い主様に診察の順番をお待ちいただく必要がなくなり 、好評をいただいています。

飼い主様との会話重視の診断

獣医師として数多くの診断をしていく中で、会話を重要性を痛感しました。人のふり見て我がふり直せではないですが、当院には転院されて来る飼い主様も数多く、はじめに通われた病院と飼い主様との会話が不足していたのだろうと感じることもあります。当院では飼い主様との会話を重視しており、何気ない一言から病気の原因を見つけることも多々あります。たとえば動物の場合、シコリができたりするとその患部を舐めていたり、掻いたりするようになるため、患部が目に見えない場合でも、何か変わった行動をとるようになったなどの会話から病気が見つかることがあります。

動物に負担のない医療の提供

当院では、手術の際に縫合糸を使用せずに止血のコントロールを可能にする超音波凝固切開手術システム『ソノサージ』を導入しました。これにより、止血するために血管を1本1本縫合糸で結紮(けっさつ、血管を縛ること)して止血していた従来の手術法に比べ手術時間が大幅に短縮されますので、麻酔時間の短縮や縫合糸に対する炎症反応の低下・出血リスクの減少など動物へかかる負担が軽減されます。

ご来院の流れ

①ネットか電話予約。
②来院(初診の場合は15分前)。
③看護師と一緒に問診票記入。
④診察(改めて獣医師から問診)。
⑤想定する病気や症状についての診察(予防や健康診断、相談)。
⑥診察結果の説明と今後の治療内容や方針の提案をもとに飼い主様と一緒に決定。
⑦検査結果をもとに薬の調合。
⑧お会計と次回の予約。
※診察時期によっては少しお待ちいただく必要もございます。

よくあるご質問

「歯石を放置することはリスク」
口臭がひどくなると歯肉炎が悪化して、歯が抜けてしまいます。
また、歯石からでるウィルス感染によって、肝臓障害(疾患)が起きやすくなり、最悪の場合は心筋炎にも繋がります。菌は口から胃の中の静脈に入り、肝臓や心臓、肺に影響を与えます。

「歯石除去するタイミングについて」
歯肉炎を起こしたり口臭が出たら、または、歯磨きができるようになったタイミングでの歯石除去をおすすめしています。歯磨きができるということは、もうこれ以上歯石ができないと考えられるためです。
現在歯磨きができている場合、歯石除去はすぐできますが、歯磨きができない場はまず歯磨きに慣れることが必要です。

理念

2012年に春日部に当院を開業いたしました。地域に根付いた動物病院(ホームドクター)として、当院では動物医療の他にも、ペットホテルやトリミングサロンの2つのサービスも提供しております。獣医療に関しては、飼い主様との会話を最重視し、飼い主様が本当に納得できるまで症状や医療内容の説明を行い、十分理解いただいた上で医療方法を決定していく仕組みづくりをしております。動物医療は飼い主様の決断が最優先されるため、我々は多面的なアドバイスを行い、飼い主様が納得した上で決断できるような環境作りを心がけております。今までも、そしてこれからも飼い主様やスタッフとの会話を大切に、皆様が安心して快適に過ごせる環境作りを努めてまいります。

専門分野について

ジェネラリストとして、地域に根付いた動物医療を提供することを心がけております。一次診療施設では対応できない高度医療に対しても、二次診療機関との連携が取れる環境が当院にはございます。例えばヘルニアや骨折といった整形外科手術の場合、整形外科専門医集団であるONE for Animalsの獣医師に依頼し、当院にて手術を行います。
ただ、どんな病気も予防に勝るものはありません。当院では健康維持・病気の予防という面を春日部を中心に提供していくことが大事だと考えております。