みなみ野動物病院

ミナミノドウブツビョウイン

Googleマップで開く

住所

〒 192-0916 東京都八王子市みなみ野4-33-5

アクセス

徒歩での場合
→徒歩15分

バスをご利用の場合
→『八王子みなみ野駅』2番乗り場、『みなみ野循環』に乗車、『みなみ野5丁目南』下車

診療動物

診療スケジュール

時間
09:00〜12:00
16:00〜19:00

*正確な診療時間は動物病院のホームページ等でご確認ください。

編集部コメント

院長の廣間先生は気取らず、自然体の姿で診療にあたられています。飼い主目線に立ってお話をしてくださいますので、気軽に相談ができるのではないでしょうか。廣間先生は母校である麻布大学の放射線科で研修を受け、画像診断と軟部外科・神経外科・整形外科が得意であるものの、自分にはまだ勉強が必要であるとの考えから小動物整形外科協会にて勉強を続けられたり、各専門医を病院に呼んでいらっしゃたりしており、医療に対する真摯なお気持ちが強く伝わってきました。

*病院情報に誤りを発見された場合には、こちらよりご連絡をお願いいたします。

特徴

専門的な治療を受診可能


当院では3つの専門外来を設けております。それぞれ腫瘍内科(抗がん剤治療など)・腫瘍外科(切除・摘出手術など)・整形外科です。大学病院との連携も強く、放射線治療なども行なっております。専門医に来ていただくことで、自院だけで診療するよりも幅広く、そして深く診療することが可能になるため、より良い医療を飼い主様・ペットに提供できるようになります。また、診療医からのレクチャーを受けたり、外部の勉強会にも頻繁に参加をすることで、進歩し続ける動物医療を常にキャッチアップし、医療技術をたえず高められるよう心がけています。

豊富な医療設備


スタッフが医療技術を向上させるのとあわせ、医療設備の充実化も図っています。特に画像診断と外科(軟部・神経・整形)に力を入れております。犬や猫は言葉を話せないため、画像検査はとても重要な役割をになっています。画像診断というとそれほど難しくないように聞こえるかもしれませんが、同じ画像でも見る獣医師によって、そこから読み取れる内容に大きく差が生じます。また、当院では猫や小型犬の消化器疾患に対し、身体への負担の少ない細いスコープを用い内視鏡検査を実施しています。

基本の問診・視診・聴診・打診・触診

当院では医療機器を充実させてはいますが、機器をつかっての検査は最低限にとどめています。これには2つの理由があります。1つは検査機器を使うとそれに伴い医療費があがるのでそれを防ぐこと、もう1つは獣医師としての感が鈍るからです。少しでもこれは検査をしておいたが良いな、と判断される場合には検査機器を用いますが、そうでない場合は問診・視診・聴診などで対応をします。廣間院長の父親は医者だったのですが、その父親ならびに廣間院長が勤務医時代にお世話になった動物病院の院長ともに検査機器は最低限しか使わず、最適な治療を行ってきました。当院でもそうすることで飼い主様に最低限の費用で最適な治療を提供し続けたいと考えています。

ご挨拶


当院は、街の動物病院(1次病院)と専門病院(2次病院)の融合を目指しています。そのために、各専門医をお招きし、幅広い症状を深く見れる体制を整えています。ただし、当院の一番の役割は街の動物病院として皆様から気軽に通っていただけ、いろんな相談ができるようになることだと思っています。院長の私自身、スタッフともそうですが、飼い主様と線引きをせずに対等にお話をするものですから、気がついたら飼い主様との距離が近くなりすぎていることがあります(笑)。ただ、そういった素を出すのが自分の性格なので、皆様にも気兼ねなく通っていただける動物病院にできれば幸いです。