ダックスフントとダックスフンド、どっちが正しい?

人気の小型犬、ダックスフンド。
「ダックスフント」と呼ばれることもあります。
どちらの呼び方が正しいのか疑問に思ったことがありませんか。ここでは、正しい名称について解説します。

ダックスフンド?ダックスフント?

この犬種はドイツが原産で「dachshund」と表されます。これをドイツ語読みすると「ダックスフント」となり、英語読みすると「ダックスフンド」と語尾が濁ります。したがってどちらも正しい呼び方です。日本で犬種の認定などを行うジャパンケネルクラブ(JKC)では英語読みを採用している点や、一般的な日本語の発音の仕方では「ダックスフンド」のほうが馴染みやすい傾向にありますが、ルーツを重んじる愛犬家の中には「ダックスフント」と呼ぶ人もたくさんいます。

ほかの犬種でも!ゴールデンレトリバー?ゴールデンレトリーバー?

ダックスフンド以外にも、人によって呼び方の異なる犬種があります。大型犬の代表「ゴールデンレトリーバー」は「ゴールデンレトリバー」とも呼ばれます。こちらもどちらも正しい呼び名です。JKCでは「レトリーバー」読みを採用しています。

あなたはどう読む?

「柴犬」 日本犬のなかでも高い人気を誇る「柴犬」は、人によって「しばいぬ」や「しばけん」と呼ばれています。天然記念物として登録されたときの名称は「しばいぬ」です。よって、正式には「しばいぬ」が正しい呼称となります。ちなみにJKCの登録名は「柴」の一文字で「犬」は含まれていません。

 

今回ご紹介したダックスフンドは、言語の発音による違いはあるものの、どちらの呼び方も間違っているわけではありません。自分に愛着のある呼び方でこれからもかわいがってあげましょう。