ダックスフントの種類と特徴は?

小型犬のなかでも人気の犬種、ダックスフント。
その大きさや被毛、毛色によって種類が異なることをご存知ですか。
ここでは、ダックスフントの種類と特徴についてご紹介します。

ダックスフントの種類~大きさ編~

ダックスフントは胸囲の大きさによって3タイプに分類されます。
生後15ヵ月時の胸囲が30cm以下のものは「カニーンヘン・ダックスフント」、30cm以上35cm未満のものは「ミニチュア・ダックスフント」、そして35cm以上のものは「スタンダードダックスフント」と、異なる名称がついている犬種です。元は猟犬として活躍していました。そのため狩り対象となる獣や巣穴の大きさが個体サイズの基準となっています。

ダックスフントの種類~被毛、毛色編~

被毛別では、短く艶のある毛が特徴の「スムースヘアー」、長く艶のある「ロングヘアー」、短くて粗く硬い毛に覆われた「ワイヤーヘアー」に分類されます。さらにこの犬種は、単色、2色、混色と豊富な毛色が魅力です。単色ではレッドやイエロー。2色では、漆黒やブラウンにそれぞれタンというカラーやイエローの組み合わせがあります。また、混色では大理石模様のダップル、縞模様のタイガーブリンドルなどがあり、毛色の出方によってその価値が評価されています。

ダックスフントの特徴

この犬種最大の特徴は、胴長で短脚の見た目です。その見た目とは裏腹に、筋肉質で引き締まったボディを持ち、しなやかなに動き回ります。性格は友好的で、物怖じせず好奇心が旺盛、さらに辛抱強い面など、猟犬としての資質が備わっている点も大きな特徴です。

 

ダックスフントは、大きさや毛色など豊富な種類が魅力の犬種です。人懐っこい性格でありながら猟犬としての特徴を残しているため、きちんとしつければ番犬としての役目も担ってくれます。